木を扱っています。といっても漠然と、,,,

自分の写真
nagoya, aichi, Japan
1956年、名古屋産、工学系、我関せず、刳るものは拒まず去る者は追わず、淡々、

2013年8月28日水曜日

放射性同位元素による年代測定と~

今日は、ほぼ年4回の先生たちとの会食会。今日の話題は、放射能。

木材と放射能汚染の話。吸い上げた放射性物質は、形成層に付着し、年輪にたまる。木の随~芯に広がることは無い。でなければ同位元素による年代測定が成り立たない。木材物理の名誉教授の話。

放射性同位元素を測定し、年代測定をすると、たとえば、アメリカ、ソ連の核実験の年は、年輪からはっきりと放射能が検出されてそれがわかる。さらに、ヨーロッパでの広域の測定では、年輪から検出されるものが地域ごとの時差を伴って計測される。これは大気の流れを反映してて、東西方向は時差が短く、南北方向は時間差が大きい。赤道を越えるのに2年かかるという結果。大気の流れが、木材の年代測定、放射能を測定することでわかってくる。おもしろいのは、今後も古木を伐れば、いつでも地球の大気の歴史を再現できるということだ。

さらにそこから、福島の汚染された木は使えないのか、というと、製材して数年分より奥は汚染されていないまま使うことができるはずだと。もしも、芯からも放射能が検出されるようなら、それは昔から長い時間、放射能汚染が続いていた、という説明になるという。

別のエピソード。アジアから採取した木で年代測定をしていたら、通常検出されるべきその時代のデータが出てこない。そんなはずはない!とあれこれ調べたら、ある時期の数年間の年輪が跳んでいる。さらに調べたら、戦争で散布された”枯れ葉剤” で年輪が異常に萎縮、数年分の年輪が狭い間に詰まっていたそうだ。人の営みも、何百年にわたって、自然の中にしっかりと記録されている。

さらに余談で、年輪よりもさらに、花粉や種子は遙かの時代を超えて、時の痕跡を記憶するという。何万年の時を経て、現代はどう評価されるのだろうか。

0 件のコメント: