木を扱っています。といっても漠然と、,,,

自分の写真
nagoya, aichi, Japan
1956年、名古屋産、工学系、我関せず、刳るものは拒まず去る者は追わず、淡々、

2011年3月29日火曜日

東北大震災へ行く~3

被害と人々

仙台市、若林区、名取市、宮城野区へ行った。津波のあったところを無いところの差は大きく、その境界がはっきりと判る。店は全て閉まっていて、何も買えない。電気と水がなく、支援物資受入と炊き出しで忙しい。何と言っても明かりが無く、夜がとても寒く永い。

sDSCF1351sDSCF1432

sDSCF1590  sDSCF1691

仙台から石巻、石巻港は工業地帯だが壊滅状態。石巻市役所は海岸からやや離れていたが、道路には魚も横たわっていて、潮の香りが鼻を突く。市役所は避難所になっていた。石巻は石森章太郎の生地。駅前には漫画作品のオブジェがある。いずれゆっくりと訪れたいものだ。

IMAG0405 sDSCF1818sDSCF2508 sDSCF2595

女川町では、消防隊員に助けられた犬が居た。足を引きずっていたが元気に鳴いていた。この辺りではチリ地震,津波の教訓で、小中学校は高台に建てられている。水面から20mの高さという。しかし入り江になった女川町では、その20m直前まで津波が登ったという。入り江になっているところは、津波が渦を巻いて山へ登り掛かったと言っていた。

sDSCF2865 sDSCF3143

sDSCF2862 sDSCF2864

sDSCF3155 sDSCF2825

 

志津川町から南三陸町へ。ここも壊滅状態。

sDSCF3546 sDSCF3548

sDSCF3559 sDSCF3553

非常時にトイレはとても大切と感じた。南三陸町では、ちょうど長野からのボランティアが屋外トイレを作っていた。穴を深く掘り、そこから溝を堀り便器を据えていた。そこを建家で覆う。これは覚えておかないといけない。

それと暖を取るのは薪。寒い時期なので薪集めは大切な作業だ。元気なのはボランティアだけ。地元の人を励ます方法がない。

0 件のコメント: