木を扱っています。といっても漠然と、,,,

自分の写真
nagoya, aichi, Japan
1956年、名古屋産、工学系、我関せず、刳るものは拒まず去る者は追わず、淡々、

2009年9月27日日曜日

野村芳太郎と、角川春樹

ひさしぶりに、「砂の器」を見た。すばらしい映画だった。松本清張、生誕100年DVDシリーズを貸して頂いた。テレビで「人間の証明」をやってた。森村誠一のヒット作。高校生の頃、どちらも夢中だった。両方とも親子間の被加害者であり、反抗の動機こそが主題となっている、同じ傾向の作品だ。原作は優劣付けられない別方向の手法でそれぞれ書かれている。名作である。

しかし、映画の方を見ると、監督の力量は一目瞭然だ。[映画 砂の器」はすばらしい。後半のストーリーが変わり、クライマックスが原作と異なっていて、映画向きのアレンジが出来ている。謎解きや犯人捜しではなく、親子に降りかかった宿命がテーマとなって、それに焦点が合っている。芥川也寸志のオーケストラ音楽をBGM に無言で歩き続ける親子の映像は、テーマ音楽に縛られたように音楽の高鳴りと供に視聴者の緊張を高めていく。映像と音ならこうやって表現をしていくんだ、と感嘆する。 映画は監督だなあとつくづくおもう。about13

一方の「人間の証明」は、ストーリーを追うのに一生懸命という映像。映画は短い時間の制約が大変だと思う。ストーリーを追いすぎるとテーマが呆けてしまう。それどころかエピソードがワンカットだと、原作を知らない者には伏線が判らない。良い映画だけどね。もちろん制作動機が、こちらは興行的成功をめざしてコンペしたものだから。

B00005HM4J_09_MZZZZZZZ

岡田茉莉子の貫禄は小気味良いけど、松田優作もがんばっているけど、いやあ、「砂の器」の加藤嘉はやはり演技も上だねえ。

0 件のコメント: